無農薬・無肥料・自然栽培の野菜の宅配 ナチュラルフード森の扉
ナチュラルフード森の扉

ナチュラルフード森の扉は、自然栽培(一部有機栽培含む)の野菜を定期宅配している八百屋です。
関東を中心にオーガニックマルシェにも出店しています。
農薬も肥料も使わない自然栽培野菜のおいしさは、ひとくち食べればわかります。
日本各地から選び抜いた「ほんとうの野菜の味」を、皆様の食卓にお届けします。

ナチュラルフード森の扉の宅配の特徴

・農薬も肥料も使わない自然栽培の青果が中心です。
・その土地で昔から作られてきた在来作物を積極的に取り入れます。
・自家採種を続ける農家のこだわり野菜を優先的に取り入れます。
・自分で食べてみて納得したものだけを取り扱っています。
・できるだけ畑に足を運び、生産者の思いを聞くようにしています。

自然栽培とは?

ナチュラルフード森の扉では、原則として、3年以上無農薬・無肥料栽培を続けている圃場で収穫された作物を取り扱っていますが、自然栽培を始めたばかりの新規就農者を支援するため、畑の状態や野菜の味に問題がなければ、宅配の一部に取り入れる場合があります。
無肥料で栽培するとゆっくり育つので、中身がぎゅっと詰まった野菜になります。
アクが出てこないし、雑味がないのも特徴です。自然栽培の野菜は腐りにくいとも言われています。

肥料をたくさん与えると地下水汚染につながることがありますが、自然栽培はその点にも配慮しているといえます。
人にも、そして地球にも優しい自然栽培の野菜を、是非ともおためしください。

※宅配セットの中には、有機栽培(植物性堆肥を使用)の野菜も一部含まれる場合があります。

在来作物とは?

ある地域で昔から作り続けられてきた作物のことを在来作物といいます。
在来作物は品質にばらつきがあって市場で受け入れられにくいことや、後継者がいないことなどによって姿を消しつつあります。

いつも同じ野菜が手に入ることよりも、季節や土地によって多様な野菜があったほうが楽しいと思いませんか?
それに、あまり知られていない在来作物にも、おいしいものはたくさんあります。
ナチュラルフード森の扉では、「楽しい」「おいしい」を合言葉に、在来作物をおすすめしていきます。

ブログ

2018年10月のイベント情報

【10月9日(火)】 ☆Tete a Teteマルシェ 場所:Tete a Tete(栃木県宇都宮市中戸祭1-1-37) 時間:11:00~17:00 https://www.facebook.com/pages/Tet …

自然栽培の聖地へ JAはくいの挑戦

「自然栽培に取り組み始めたJAがある」 噂を聞きつけ、石川県羽咋市のJAを訪ねたのは2011年。 その時にご対応頂いた担当者が粟木さんでした。 あれから7年。 JAはくいは、自然栽培の聖地へと見事に変化を遂げてきました。 …

もうすぐ自然栽培米、黄金晴の稲刈りです。

〈自然栽培のお米作り 挑戦 二年目〉 わたしたちの住む栃木県の茂木町。我が家から車で15分ほど離れた小深地区にある早坂の棚田。農薬も肥料も使わない自然栽培でお米を作りはじめて…挑戦二年目。 お借りしている棚田は二枚。小さ …

益子在来太白芋による干し芋作り。

たねまきびと@益子 みんなで考え、みんなで実践、シェアする農業。 益子在来太白芋による干し芋作り。 今年から自然栽培で育てている太白芋(さつまいも)が、ゆっくりと根を張り、お芋も膨らみ始めて、ここまで無事に成長してきまし …

日本農業新聞でゆずはちみつジュースが紹介されました。

本日(9月3日)付けの日本農業新聞の総合・経済面に、ナチュラルフード森の扉のゆずはちみつジュースが紹介されました。(しかも、カラー写真♪) 農薬や肥料を使用せず自然栽培で育てられた柚子と、ダニの防除剤を使用せずに生産され …

PAGETOP
Copyright © ナチュラルフード森の扉 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.