世界を揺るがすコロナ騒動。
様々な情報が錯綜し、日に日に深刻化する問題。日本国内でも不安が広がりはじめています。オリンピックの開催も延期となり、一段の感染拡大が懸念される中、今までかつてない未曾有の出来事にパニックに陥る方も多いかと思います。
自分自身も、ここ数日間、今回のコロナ騒動について、タネリンピックの開催継続の可否も含め色々と考えさせられました。

言いたいことは山ほどあります。この場で負のエネルギーを拡散したくはありませんので、批判めいた発言は控えさせて頂きます。今回のコロナウイルスが、自然に発生したものか、人為的に作られたものか知る由もありませんが、一つだけ言わせて頂くのであれば、今回の件で、我々人類が大きな価値観の転換点、パラダイムシフトを迎える重要な局面に立たされてしまったことは間違いないと思います

地球上のあらゆる生物は、大自然の恩恵を受けて命(種)を繋いでいます。唯一、我々人類だけが大自然の営みに逆行し、負のスパイラルを繰り返しています。地球の産毛(うぶげ)である木々を次々に切り倒し、農薬や除草剤で農地を汚染し、不自然な食べ物を量産する経済重視の時代。とても持続可能だとは思えません。
あらゆる生物が脈々と繋いできた命。その命を頂きながら、食物連鎖の頂点に立つ我々も生を全うし、いずれは死を迎え土へと還っていきます。その循環の中に、如何に溶け込んで命(種)を繋いで行くことが出来るかが、今回のコロナウイルスに突き付けられた課題のような気がしてなりません。

さて、今回の騒動で東京オリンピックは延期となりましたが、タネリンピック2020~種の輪の祭典~は開催継続していきます。むしろ、種を繋ぐ農家さんや団体やグループ(参加国)の紹介を通して、一般の方(参加選手)と繋がれる間口を広げる必要性を感じています。
各参加国の種まき体験や収穫体験などのイベント立ち上げに関しては、賛否が分かれると思いますが、参加国の皆さんは、状況を見ながら活動報告のみでもOKです。そして、イベントへの参加を自粛されてる方も、ご自身の畑や庭に種をまくことも出来ますし、畑や庭がなくても、ベランダや屋内でプランター栽培も可能です。
幸い、我々にはネットワークがあります。欲しい種があればいつでもお声がけください。可能な範囲であれば、喜んで送らせて頂きます。まずは小さくてもOK!自分で食べるものは自分で作る「自産自消」の取り組みを始めてみませんか?そして、参加国としてエントリーして頂き、ご自身の栽培の様子をタネリンピック2020のこちらのFBページに投稿して頂くことも大歓迎です。是非とも繋がって行きましょう♪

種をまくことできっとあなたの未来も変わるはず。今シーズン、五感を通して楽しく取り組んで頂けたら幸いです。

参加国の紹介がすっかり遅くなってしまいましたが、コメントを頂いた順に紹介させて頂きます。
https://www.facebook.com/タネリンピック2020-種の輪の祭典-102670731266640/

~今日も僕らは種をまく みんなで未来の種をまく~
ナチュラルフード森の扉 野原典彦