自産自消の取り組み

今年から取り組み始めた自然栽培の田んぼ@茂木町(早坂の棚田)
晩生品種の黄金晴&日本晴が先月下旬にようやく出穂!
他の田んぼが黄金色に頭を垂れる中、出穂しない青一面の田んぼにやきもきしましたが、今のところ問題なく結実し始めました。
今後の好天を祈るばかりです。

とても希少なカヤネズミの巣

先日、稲間に鳥の巣のようなものを発見!

調べて見たところ、日本最小のカヤネズミの巣であることがわかりました。近年、生息地の減少によって全国的に絶滅が危惧(きぐ)されている動物で、以前は稲を食い荒らす「害獣」とみなされていましたが、近年の研究によって、カヤネズミはほとんどイネを食べず、むしろイネの害になる雑草を食べていることが判明したようです。とても珍しい田んぼの守り神に大感激ですが、しかし、どうやって巣作りしているんでしょう?とても不思議です。
自然栽培の田んぼには、今となっては珍しい赤とんぼや、害虫を食べてくれる蜘蛛の子も次々に孵化しており、生態系の豊かさを実感しています。

小深在来大豆

この早坂の棚田の麓で、100年以上繋がれて来た、小深在来大豆も順調に育っています。
本来の枝豆の旬もこれから。収穫がとても楽しみです♪