森の扉present’s
茂木の箱庭 「蛍の夕げ」
~蛍かご作り&蛍の鑑賞会~

今年もお天気と参加者に恵まれ、早坂の家にて蛍かご作り&蛍の観賞会が無事に終了しました。

早坂の家の管理人、矢野さんのご指導の下、大きな銀杏の木陰で蛍かご作りがスタート。大人達が慣れない手つきで麦わらを編んで行きます。今回の参加者のレベルは高く、セミプロ級の仕上がりの方も!


そんな大人達をよそ目に、子ども達は早坂の棚田で生き物調査、カエルやカナヘビ、バッタやトンボなどを追いかけ大忙し。最後に早坂の家の敷地にあるすももを収穫して大満足でした♪

日暮れと共に森の扉の自然栽培野菜をふんだんに使った食事をみんなで頂きました。素材がいいので、本来の味を引き立てるシンプルな料理を提供させて頂きました。森の扉が早坂の棚田作ったお米(日本晴)を、麻布十番の食やさんにお願いして作って頂いた醤油麹は卵かけご飯にすると絶品!大豆乃館さんの豆腐丼も大人気でした。意外にもお味噌汁をおかわりする子ども達が続出、日本の未来は明るい?子ども達の正直な味覚にとても大きな安心感を頂きました。

食事が終わり、早坂の棚田に夜の帳が降りた頃、いよいよ蛍の飛び交う時間帯、みんなで一緒に蛍観賞へ。参加者のみなさんの期待を裏切らず源氏ホタルと平家ホタルが仲良く迎え入れてくれました。
蛍を捕まえ、蛍かごに入れて喜ぶ子ども達。かつては、どの地域でも見られた光景です。自分たちで作った蛍かごに蛍を入れる子供達。彼らの満足した顔が見れるこの瞬間がたまらなく好きです。大人達の無言の想いを感じ取り、誰も持ち帰ろうとはしない子ども達。豊かな里山文化が少しでも引き継がれてくれたら嬉しく思います。

蛍鑑賞の後は、定番のかき氷!相変わらずの大人気ぶりでした。
(写真撮り忘れ残念!)

子供からご老人までが1つの場所に集い、共に楽しむこの企画、蛍が飛び続ける限り、今後も続けて行きたいと思います。ご参加頂いた皆様、この度はありがとうございました。来年もたくさん蛍が飛び交いますように♪

ナチュラルフード森の扉
~今日も僕らは種をまく みんなで未来の種をまく~