雨上がりの定植作業

たねまきびと@益子 自然栽培7年目のさつまいも作り。

6月3日(土)さつまいもの苗の定植イベントは、雨天のため11日(日)に延期となりましたが、今回しか参加出来ない参加者もいるため、午後から軽めの定植作業を行いました。
軽めの作業と言っても、今回の強い雨が上がったばかりの畑の土は、乾いていないためかなり重たく、畝立するのも容易ではありません。予想以上の重労働でした。
年間会員の参加者には、各自の畝を立てて、お気に入りの品種を定植してもらいました。

思い返せば、知り合いの農家さんから休耕地をご紹介頂き、自然栽培を始めた1年目は、害虫や病気に見舞われ、廃棄処分したお芋ももかなり多かったのですが、年々、畑の土のデットクスが進むとともに、害虫や病気に見舞われることが少なくなってきました。
そして昨年は、ほとんどの株が害虫や病気に見舞われず、肌のきれいな美人なお芋が揃いました。今まで最高の収穫量となり、廃棄処分するものもほとんど出ませんでした。
無肥料栽培に半信半疑だった地主の農家さんも、現在は他の休耕地をご紹介頂けるほど、理解を示して頂けるようになりました。

今年は年間会員の中から、本格的にさつまいも栽培に挑戦してくれる方が出てくることを期待して、農家さんと連携して耕作放棄地を徐々に解消していけるような取り組みへ繋げて行きたいと思います。
本日ご参加頂いた皆さん、本当にお疲れさまでした。
無事に収穫の日を迎えられることを楽しみにしてます。

自然栽培7年目を迎えた、たねまきびと@益子の取り組み。
次回の苗の定植作業は6月11日(日)になります。
引き続きよろしくお願い致します。
【さつま芋の苗の定植作業】

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です