茂木町の早坂の棚田にて、古代小麦の種まきをしました。

蒔いた小麦はスペルト、エンマーの2種類。
田んぼ仲間の神林桂子さん(けこちゃん)が大事に繋いできた種です。
1人で黙々と作業するのも良い瞑想になるけど、みんなでの共同作業は、本当に楽しいですね。作業も捗ります。
早坂の家の管理人、矢野茂さんが見事に修理してくれた管理機も、10年ぶりに大活躍!
初めて古代小麦を見る人、初めて古代小麦の種をまく人、初めて管理機を操縦する人、皆さんと一緒に良い汗をかきました。
作業後は、今年収穫した自然栽培の古代小麦から作ったパンで、オープンサンドランチ会を開催しました。
ご近所の「雑穀農家のパンと宿 月noco」さんにお願いしてパンを焼いてもらいました。
自分達で種をまき、自分達で収穫した小麦から作られたパンの美味しさは格別です♪
古代小麦は栄養価が高く、低GIで消化もしやすく、小麦アレルギーも発症しにくいと言われてますが、贔屓目なしにしても、古代小麦から作られたパンは美味しいですね。いくら食べても胃もたれしないので、ついつい食べ過ぎてしまいますが。(笑)
今回蒔いた種が無事に発芽した後、麦踏み作業、除草作業を経て、来年の6月、早坂の棚田に蛍が乱舞する頃に収穫予定です。
次回は、麦踏みダンスをしながら、季節の野菜をふんだんに使った暖かいスープと一緒に、オープンサンドランチも楽しめたらいいですね~。
今回、ご参加頂いた皆さん、楽しい時間を頂きありがとうございました♪
また早坂の小麦畑にてお会いしましょう!