みんなで考え、みんなで実践、シェアする農業@足尾版

唐風呂大根収穫&みんなで昼ご飯(収穫祭)のお知らせ

11月18日(日)10:00より、日光市(旧足尾町)旧原小学校校庭にて、唐風呂大根収穫&みんなで昼ご飯(収穫祭)を開催します

2017年より、種を繋ぐ仲間達と旧足尾町(日光市)唐風呂地区にて、絶滅寸前の在来種、唐風呂大根と船石芋のシェアする農業(保全活動)を始めました。

唐風呂大根は、首のまわりが赤色のとても鮮やかな大根で、その歴史は古く、石器時代から存在していたとの説もあるほど。かつては縄文人が住んでいた唐風呂地区(旧足尾町)でしか育てられない希少な大根で、不思議なことに他の地域で育てると、この見事な赤い色が消えてしまいます。現在、一握りの種が残されているだけの絶滅寸前の在来種です。

今年の8月にみんなで播いた種、(一部、集中豪雨で蒔き直し)も無事に発芽し、見事な唐風呂大根に成長してきました。この絶滅寸前の在来種の種を今後も繋いでいくとともに、収穫の喜びを皆さんと分かちあいたいと思います。

今後も、この種を未来へ繋げて行きたい方、唐風呂大根を食べてみたい方、是非ともご参加下さい。

(参考)足尾の在来種 唐風呂大根、船石芋について

かつては隆盛を極めた足尾銅山。今や忘却の彼方に追いやられたその地域に、絶滅寸前の在来種があります。唐風呂大根、そして船石芋。いずれも決して農業に向いているとは言えないその山間部で作られ、足尾銅山で働く人々の胃袋を支えてきた在来種で…

野原 典彦さんの投稿 2017年7月23日(日)