10月21日(日)開催、大盛況だったアースデイ日光。

今回、たねまきびと@足尾として参加し、旧足尾町(現日光市)の在来種、唐風呂大根と舟石芋の展示、及び活動案内をさせて頂きました。たくさんの来場者に恵まれる中、日光市の在来野菜にも興味をもたれる方も多く、とても有意義な時間を過ごすことが出来ました。

世界遺産としての日光市。日本初の労働運動発祥の地である旧足尾町。そして、日本初の公害事件を引き起こした足尾銅山。江戸から明治、大正、昭和へと、時代の変遷がもたらした光と影。その中で、アースデイ日光を考える。何故、日光市(旧足尾町)の山奥で在来作物の種を繋ぐ?遊び?仕事?趣味?義務感?それとも興味半分?

否、種を繋ぐということは、我々の未来を築くこと。

我々の未来は、確実に地球の未来へと繋がっており、今回のアースデイ参加者の全員が、地球の豊かな未来を見据えて、各方面で活躍されている「たねまきびと」であることに気付かされました。その素晴らしい仲間と出会えるご縁を頂き、実行委員会の皆様には本当に感謝してます。記憶に残るとても素敵なイベントでした。ありがとうございました♪

11月3日(日)には、足尾町行政センター前駐車場で開催される山芋販売会にて、地域おこし協力隊の長澤さんが唐風呂大根と舟石芋の販売を行います。
11月18日(日)は、たねまきびと@足尾の唐風呂大根収穫&みんなで昼ご飯を開催します。
https://www.facebook.com/events/244911376177668/

足尾の在来種、唐風呂大根や舟石芋を食べて見たい方は、是非とも紅葉の足尾町へ足を運んでみて下さい。
今シーズンの収穫の喜びを共有するとともに、これからも、みなさんと一緒に未来の種を蒔いていけたら嬉しく思います。